症状別ページ

  • 肩こり・首こり・むちうち
    数万人の日本人が抱えていると言われる肩こりや首こりですが、原因としては色々と考えられますが、多くの場合慢性的な同一姿勢による血流不全が原因として挙げられます。
    詳細や施術についてはこちら
  • 寝ちがえ・顎関節症
    朝起きると首が回らなくなる「寝ちがえ」と口が開きにくくなる「顎関節症」これらの原因は肉体的ストレスと精神的ストレスからくることが多いです。慢性的に蓄積された疲労がある日爆発してしまったと考えられます。
    詳細や施術についてはこちら
  • 頭痛・めまい・耳鳴り
    これらの症状は、脳神経や耳の組織に問題が見られることもあるため一度専門の医療機関で検査を受ける必要があります。検査の結果異常がなかった場合、肩や首の筋緊張から頭部や三半規管へ血流不全が考えられます。
    詳細や施術についてはこちら
  • 腰まわりの症状
    腰まわりに何らかの不調を訴える日本人がおよそ1500万人ほどいるようです。腰は体の要と感じで書くように特に重要な部位です。以前は椎間板ヘルニアなどの椎間板の変性が注視されてきましたが最近では椎間板の変性と腰痛が必ずしもリンクしないとも言われ始めました。
    詳細や施術についてはこちら
  • ぎっくり腰
    急にやってくるぎっくり腰。さっきまではなんともなかったのにある動作で急にまともに動けなくなります。また、初めは大した痛みではなかったものの段々と痛くなり動くのに支障が出てくるタイプの腰痛もあります。発生の仕方は様々ですが同じ急性腰痛の仲間です。
    詳細や施術についてはこちら
  • 坐骨神経痛
    急激に発生した臀部から足先へ抜けるような痛みやシビレ。両足にかけての症状。排尿障害。自転車のサドルに当たる部分の麻痺(サドル麻痺)。などがある場合や早急に整形外科に行って検査を受ける必要があります。
    病院の検査で異常が見られなかった場合、さまざまな原因が考えられますが坐骨神経への血流不全によるものと考えられます。
    詳細や施術についてはこちら
  • 四十肩・五十肩
    段々と痛み出し、可動域が制限されていく肩の症状です。ひどくなると日常生活の動きのみならず寝返りで痛くて目が覚めることもあります。正確には肩関節周囲炎といい肩関節の遊びが失われることが初期段階です。腱板断裂との区別が重要になります。
    詳細や施術についてはこちら
  • 手のしびれ・腕のしびれ
    デスクワークでPC仕事が多い方や美容師など手を多用する人に多い症状です。まれにですが脳疾患や心臓疾患から起こることもあるので専門機関の受診は重要です。検査で異常がなかった場合、日常の生活習慣が引き起こす体の歪みや筋緊張が原因になることが多いです。
    詳細や施術についてはこちら
  • 慢性疲労・自律神経失調症・更年期障害
    寝ても疲れが取れない。病院で検査をしても異常なしと言われたけれどいつもすっきりせず不調が続く。ホルモンバランスの変化で体が辛い。など病院の検査でわからない不調は多いです。
    詳細や施術についてはこちら
  • 冷え・むくみ・生理痛
    冷え、むくみは女性に多い症状でしたが、最近では男性にも悩まされる方が増えているようです。普段の姿勢や歪みから血流が悪くなるのが原因として考えられます。生理痛は、婦人科系の疾患が起因になるもの以外は改善していきます。
    詳細や施術についてはこちら
  • 産前・産後のケア
    妊娠出産は女性にとって大きく体が変わる出来事です。また、出産で負ったダメージが回復しないうちに育児に没頭したり、歪みが定着した状態で育児を行うため負担が大きくなりがちです。
    詳細や施術についてはこちら
  • 膝痛・股関節痛・骨盤の痛み
    膝痛、股関節痛は高齢者に多いイメージですが、スポーツをする若年層にも増えています。変形性膝関節症や半月板、靭帯損傷があっても元気にスポーツすることが可能です。
    詳細や施術についてはこちら
  • スポーツメンテナンス
    日常とは違う負担がかかるスポーツ中に体の癖や歪みがあると負担が局所に集中し痛みへと発展するリスクが高まります。左右均等ではない動きが多いスポーツでは特に障害が発生しやすくなります。
    詳細や施術についてはこちら