イノチグラスのフィッティング

「快適に仕事がはかどる眼鏡が欲しい」
そんな思いで新しい眼鏡を作ることにしました。

「仕事ができる男を演出したい」という見た目の願望の話ではないのですよ。

私は直感力が強く、展開が早い傾向にあり、緊張しやすいところがあるのですが、その傾向を生かしながらも、確実に遂行できる落ち着きや段取りよさも機能させたいと思っています。

そうしたテーマに最適な度数と、乱視の矯正、プリズムを加えてのフィッティングです。「視力検査がシャープにクリアに見えさえすれば良い」のとは一線を画していますね。

イノチグラスは脳の機能からみて開発された眼鏡です。

一般的な眼鏡と違って必ずしもシャープな度数にしないことと、プリズムを加えること、適切なカラーを加えるのがミソです。

これまで受けてきた計測器とはちょっと違うシステムでの検眼はなにか「未来から来てる」感じがしてちょっと興奮しました。

計測だけでなく、体幹の安定やレンズを通して見えている感じも大事にします。
数々の色を試した上で

・オレンジ

・グリーン
・プラチナ

これらの3色が候補に上がりました。

プラチナを装用すると伸びやかに動ける感じ、グリーンだと粘り強い感じ、オレンジだと快適で穏やかな視界を私は感じました。

私は直感力が働く方なので、伸びやか過ぎて滑ったり確りし過ぎて重くなることを避けたいと思い、バランスの良いオレンジを選択。

以前からカラーレンズはオレンジが心地良かったことも有りますが、今回、あれこれテストさせて頂いての選択で納得感が高まりました。

最後にアドバイス頂いた「自分が観たい世界が見えるカラー」を選択する。とても良い感じのセレクトです。

フレームも多様に用意されていますが、今回は以前から愛用していた眼鏡のフレームを生かすことに。このように レンズのみオーダーも受けて頂けるので本当に良心的だと思います。

わたしは廉価なものも色々試して見ましたが日本製の眼鏡やドイツ製の眼鏡はやはり良質なものが多いので、それらを生かしていくつかイノチグラス化しようと思います。

あっ、気分転換やスペアには廉価版も使っていきますよ。

ONE PIECEと解剖学②

こんにちは。河原です。前回につづいてONE PIECEのキャラクターとともに人間の進化について考えていきます。

写真が切れていて分かりにくいですが腰椎の横の出っ張りを肋骨突起といいいます。肋骨が退化した名残と考えられえているそうです。

IMAG0217

今回は死んで骨だけブルックに登場してもらいました。彼は、よみがえりの能力を持っていたのですが、死後の魂が肉体をさがして漂流しているあいだに、肉体が白骨化してしまいました。しかたなくガイコツのまま生き返って動いているというキャラクターです。

こうやって冷静に文章で説明してみると漫画家の発想力ってすごいと、改めて感服します。

images

私たちは、ブルックのように胸部にだけ肋骨が付いているガイコツを見慣れているので何の違和感も感じません。しかし同じく二本足でたっていた恐竜の化石をみてみると首~胸~腰までみんな肋骨がついてるのに気付きます。私の地元福井県には有名な恐竜博物館がありますので、お越しの際は是非ご覧になってください。

つまり人間は胸以外の肋骨を退化させて今の形になったんですね。

おかげで、首は振り向いたり、かしげたりする動きが、腰は曲げたり伸ばしたりねじったりする動きができるようになりました。胸に比べて首・腰の動ける範囲が広いのは実際に動かしてみるとよく分かります。

反面、首・腰は構造的に弱くなりギックリや寝違え・むちうちなど、さまざなトラブルに見舞われることとなったようです。首・腰は、もともと弱いものだ、だけどがんばっているんだ、と言うことが分かれば「もっといたわってあげなくちゃ」と言う気持ちになれますね。