腰痛 膝の痛み

Chiropractic

「カイロプラクティック」は、1895年にアメリカで生まれた治療法です。創始者のD・Dパーマー氏は
『なぜ、ある人は病気になり、同じ所で働く同僚は元気でいられるのか?』
を常に考えていました。そして、薬を用いず人間の自然治癒力を利用して、自然に体が回復する方法を基に創り上げられていったのが「カイロプラクティック」です。
自然治癒力を上げるとは、体の機能を回復、向上し、症状の再発や将来の疾病を予防、より健康な生活を目指すものです。(補完・代替医療 カイロプラクティック 金芳堂 より参照)

6年位前から腰の痛み。

Sさん  会社員 30代男性

カウンセリング時の状態

右の腰の下のほうが重い痛み。
高校生の時に初めて腰痛を経験し、6年前に、引越し関係の仕事からデスクワークへ転職してから腰痛がまた出るようになった。
通勤時、電車で立ちっぱなしが続くと腰が痛くなる。
週に1回、40~50分程ランニングをするが、右の膝が痛くなる。 

初回検査

施術の流れ 姿勢評価・動作テスト

立ち姿勢を観ると、背骨の生理的なS字カーブが強くなる(反り腰、首ねこ背)姿勢が観られた。
腰を動かすと、ほぼどの方向でも患部に痛みあり。下半身の筋肉全体に緊張が観られた。特に背中側の方が緊張度が強く、左の殿部(おしり)右の背骨と骨盤の関節部分(仙腸関節)に、筋肉の硬さとしこり(トリガーポイント)が観られた。
また、背中から肩も硬い。

 

 

 

初回施術

下半身の前側と後ろ側の筋肉、筋膜を緩める(トリガーポイントセラピー)。特に、骨盤周りを重点的に。
施術後、腰を動かしたときの痛みが大分下がった。
次回来院までのセルフケアとして、太もものストレッチ(大腿四頭筋、ハムストリングス)を指導。また、右のズボンのポケットにハンカチを入れない様にしてみることをアドバイスした。
平日は仕事で来院出来ないため、しばらくは週に1回ペースを週末に施術を行っていくことを決めた。

2回目

前回施術を受けた後は痛みが下がっていたが、4,5日ぐらいで戻ってきた感じ。
ストレッチとズボンにハンカチを入れないのをやっている。
前回と同様の部分と、上半身も加えてより全体的にバランスがとれるように施術。背骨の動きがでるようにCMT(カイロプラクティック的手技療法)も行った。
前回同様に、仙腸関節部分に硬結と、新たに右の腰のインナーマッスル(大腰筋)と左の胸(大胸筋)にも硬さが観られた。

3~4回目

徐々に痛みは下がっている。長時間同じ姿勢でいたり、腰をひねった時に違和感を感じる。
3,4回目と、硬さの目立つ所に変化あり。肋骨回りの筋肉(前鋸筋)もアプローチに加える。

5回目

腰の痛みが7,8割まで下がった。前回施術を受けた2,3日後から良くなった。普段、あまり痛みが気にならない。
施術前に腰の動きをテストすると、初回よりも痛みが出る方向が減ったのを確認。それも施術後には痛みが下がる。
施術間隔を2週間に1回へ空ける。

6~8回目

施術を受けた日の後、2週目の後半になってくると痛みや張りを感じる。
体の捻じれをとる体操、立ち方、座り方の姿勢指導を行う。

9~10回目

腰の痛みが右の殿部の張り感に変わった。以前よりも調子良い。
ランニングをやめていたが再開した(週に2回)
走った時の膝の痛みは大丈夫な様子。

その後

状態は良い。
筋トレにストレッチもやっている。
月に一回ペースでメンテナンス。

武蔵小山整体院担当より

Sさんの腰痛が出るようになったのは高校生のころですが、引越し関係のお仕事で日常的に体を動かす生活の時は腰痛は大丈夫でした。
それが、転職をされて座り仕事が主で運動する習慣がなくなったため、体の疲労が蓄積されやすく、また、腰に負担がかかりやすいような体のバランスのクセも残っていたため、腰痛が再発したのだと思われます。
体が回復し、運動もまた再開できたのが、慢性腰痛が改善された一番のポイントだったと思います。
また、膝の痛みも自然と治まったところを観ると、体の歪みからくる膝への過剰負荷で痛みが起こっていたと考えられます。
お仕事柄もあるかもしれませんが、休日でもきっちり髪型を整えられていらっしゃるのが印象的なSさん。話には出ませんでしたが、その几帳面さがうかがえるお人柄として、ストレスなども溜め込みやすかったかもしれません。そういう意味でも、運動してストレスも発散して、心身共に良いリズムを上手く保てられると、調子良く過ごせると思います。そんな良いバランス、リズムが保てるようにこれからもメンテナンスさせていただければと思います。

(注)改善は、症状・年齢・生活環境などにより個人差がございます 。

鎖骨の痛み、慢性肩こり

Chiropractic

「カイロプラクティック」は、1895年にアメリカで生まれた治療法です。創始者のD・Dパーマー氏は
『なぜ、ある人は病気になり、同じ所で働く同僚は元気でいられるのか?』
を常に考えていました。そして、薬を用いず人間の自然治癒力を利用して、自然に体が回復する方法を基に創り上げられていったのが「カイロプラクティック」です。
自然治癒力を上げるとは、体の機能を回復、向上し、症状の再発や将来の疾病を予防、より健康な生活を目指すものです。(補完・代替医療 カイロプラクティック 金芳堂 より参照)

鎖骨の下のあたりが痛む。

Yさん  会社員 27歳

カウンセリング時の状態

一昨日の朝から、左の鎖骨の下のあたりが、腕を上げたり胸を反らしたりすると痛む。
仕事はデスクワーク。慢性的な肩こりはある。
明後日、週に一回通っているバレエの発表会(初舞台)がある。

初回検査

施術の流れ 姿勢評価・動作テスト

背中を反らす、首を右に回す、左肩を前に上げる真横に上げる動きで、患部に痛みあり。
立っている時の姿勢が、左に重心が偏っているのが観られた。

 

初回施術

主訴部分の組織の緊張が強いのと、筋膜の繋がりから、下半身(主には太もも)からの施術を始める。胸の筋肉とバランスを取り合う筋肉(拮抗筋)にあたる肩甲骨側の筋肉を緩めながら、主訴部分の緊張緩和を狙い、最後に患部(鎖骨部)周囲の施術にとりかかる。
左の胸の筋肉(大胸筋、小胸筋)に緊張度の高いTP(トリガーポイント)が観られた。
明後日の発表会に備え、明日もみ返しが強くなければ、連日続けての施術を提案する。        (トリガーポイント疼痛パターン)

2回目

翌日。
もみ返しはなし。痛みは減った。この後リハーサルがある。
左の胸周りの筋肉は緊張が下がっているのが確認できた。左の首の後ろから肩甲骨の内側にかけて、過剰な筋肉の緊張が観られた。
また、腰から太ももの裏側にも硬さがあり、首の関節の動き(頚椎)が悪くなっているのを確認。前回同様、背中側のより硬さが目立つ筋肉、腕周り、首と施術を行った。
肩甲骨を緩ます体操を指導。

3回目

状態は良い。発表会本番も大丈夫だった。
慢性的な肩こりは仕事を始めた2,3年前から感じるように。重いものを持った時とかも感じる。
前回同様、首、肩周りをメインに施術。
この一週間、夏季休暇中だった為、仕事を再開してどれくらい負担が残るかを観て、その後の施術ペースを決めて行くことにした。

4~5回目

その後、鎖骨の下が痛くなることは無い。
仕事で、座っていて腰の下の方が痛くなったり、肩は疲れる。
Yさんは、腰から首の筋肉(脊柱起立筋群)、特に首の部分に負担がかかりやすい様子。その辺りがより緩まるように施術。座り姿勢の指導も行う。
また、より疲労が取れるように、全身の循環を促進させる施術も追加。

その後

月に一回のペースでメンテナンス。
寒い時期などは冷えて肩から首にかけてこりが強くなりやすいが、基本的には大丈夫。鎖骨の下が痛くなることも無い。

武蔵小山整体院担当より

子供の頃と、3年前から再開したバレエに週一回通われているYさん。ダンス(特にバレエ)をやられている方によく観られる、太ももの筋肉がしっかりしていて背中の筋肉の緊張が強い、という特徴がYさんにも観られました。おそらく、バレエでの体の使い方のクセによる影響も大きいと思いますが、加えてYさんの場合、デスクワークによる長時間の座り姿勢で下肢の血行不良、体幹が丸くなる姿勢の負荷がかかりやすい為、それらの筋肉に過剰な疲労の蓄積が溜まっていたと思います。そこへ初めての舞台となる為、いつもとは違うストレスが肉体的、精神的にも重なり、肩こりと関連性の高い鎖骨の下の筋肉の痛みが出たと思われます。
運動、そして好きなことが生活の中であることは体にとってとても良いことです。今後も楽しんで、週末のバレエを送れるよう、しっかりとサポートさせていただきたいと思います。

(注)改善は、症状・年齢・生活環境などにより個人差がございます 。

 

 

 

 

肉離れ

スキーで体がねじれる癖がぬけず、
疲れが左右で異なり、腰痛や頭痛が発生。
ハムストリングスの肉離れ。

Nさん 会社員 31歳

カウンセリング時の状態

毎冬4~5ヶ月は週末山でスキーを行う。以前の足首の靭帯を損傷したためか体がねじれる癖がある。長く滑ると膝痛が起きる。頚の疲れから頭痛が起きる。

初回検査

腰椎の左回旋が小さい。重心がつま先に寄りすぎ、頚椎の湾曲が小さい。右股関節の可動域がやや小さい。右足重心。

初回施術

大腿四頭筋の緊張差を左右で確認、右の内転筋の緊張が強い。腰部と下肢の筋肉緩和とストレッチ指導。

2回目

スキーにより右半腱様筋の上部に肉離れ。
これをかばったためか左のハムストリングスも緊張。

3回目

左の臀部とふくらはぎにも筋肉の緊張が高い。
右足の故障をかばったと思われる。

4回目

痛みが和らぎ歩行にも安心感がでてきた。
ふくらはぎのセルフマッサージ指導。

5回目

階段を上がるときに脚に多少違和感がでる程度まで回復。
腰椎の回旋のバランスも調整。

6回目

階段昇降時も違和感なく安定してきた。内出血跡も消失した。

7回目

歩行の癖を確認。股関節の内旋と上下動があったため、これを修正。

8回目

右股関節の可動域、外転で45度まで。

9回目

25kmを走破。
右のハムストリングスかばったためか右ふくらはぎ痙攣。

10回目

ふくらはぎの状態は緩和。股関節の外転50度まで回復。
立ち姿勢のレッスン。

その後

股関節の外転は70度まで回復。スキーもサポーターなしで行えている。
歩行のバランスも回復している。

武蔵小山整体院担当より

昔起こしたちょっとした外傷のあとを無意識にかばうくせから全身の歪みが引き起こされ、次の故障の温床になったりパフォーマンスを落としてしまうことはありがちです。ハードトレーニングで頑張る前に歪みを解消し、体の使いかたの癖を修正した上で無理なく効果的にトレーニングを継続していただきたいと思います。
大好きなスキーいつまでも楽しめるように全力でサポートしていきますね。

(注)改善は、症状・年齢・生活環境などにより個人差がございます 。

 

施術のながれ

カルテのご記入

施術の流れ カルテ記入施術の流れ カルテ記入

お体に感じている痛み・痺れ・だるさ・違和感・ゆがみ……
カイロプラクティックに対する期待などをご記入いただきます。

カウンセリング

施術の流れ カウンセリング施術の流れ カウンセリング

お体のことで困っていること、悩んでいること、不安に感じていることなどを詳しくお伺いします。カイロプラクティック施術についてのご期待やご質問にもお答えしています。

姿勢評価・動作テスト

施術の流れ 姿勢評価・動作テスト施術の流れ 姿勢評価・動作テスト

お体の不調の原因のひとつである姿勢について座位・立位・歩行などを症状に応じて評価します。症状に関連の強い部位の関節の動きをテストし、根本原因の仮説をたて、より効果性の高い施術を組立てていきます。

施術Ⅰ

施術の流れ  施術Ⅰ施術の流れ  施術Ⅰ施術の流れ  施術Ⅰ

症状を引き起こしている原因となる筋肉の硬結(トリガーポイント)やその背景になるお体のアンバランスを解消していきます。緊張を緩め、血流を促進します。

施術Ⅱ

施術の流れ 施術Ⅱ施術の流れ 施術Ⅱ
背骨、骨盤を中心に骨格に動きをつけてゆがみの調整を図ります。神経のバランスを整え、自然な姿勢をとりやすくします。

(痛みはありません。矯正には機械を使用せずに丁寧に手を使って行います)

姿勢・体操・ウォーキングの指導

まずは自然な立ち方からはじめの一歩を大切に美しく快適な歩き方をコーチしていきます。

 

 

 

日常生活にある原因を解消するために、症状に適したエクササイズや健康生活のための指導を行います。いずれも1分間程度の簡単なものばかりです。

プランニング

肩こりしない鞄の持ち方や抱っこのしかた体幹の安定もちょっとしたコツでできます

お体の状況、生活習慣、控えているイベントを踏まえて緩和・改善に必要な期間や施術回数、メンテナンスの目安などをご説明します。

 

 

わたくしどもは十分なカウンセリングをはじめ、ご来院されるみなさまとの対話を重視しています。
みなさんの症状と不安を理解することに努めています。
正しい知識と快適な施術で安心して症状緩和のためにベストを尽くしています。
健やかで豊かな快適な日常生活ができるようにおひとりおひとりに適した健康指導に力をいれています。

部分的なマッサージや
表面的な施術、慰安目的ではありません。

カウンセリングと動作評価の内容によっては施術をお断りし、専門医をご紹介もしくは受診をお勧めする場合があります。

保険の適用はございません。
わたくしどもはカイロプラクティックの専門院です。

保険の適用ができない慢性症状の緩和や、検査では異常が認められない辛い症状の緩和、再発予防・発症予防のメンテナンス施術を提供しています。
原因が交通事故などの場合、加入されている保険の契約内容がカイロプラクティックを対象としているものであるか確認の上で、ご予約ください。

症状緩和や骨格矯正に機械をたよっていません。

丁寧に手をつかった施術にこだわっています。
(血流促進のためメドマ―を使用する場合があります。)

当院の施術者は大川カイロプラクティック専門学院で大川泰DCの直接指導を受けたプロの施術者です。

大川カイロプラクティック専門学院
大川カイロプラクティック専門学院

当院は首都圏で32院を展開する大川カイロプラクティックグループに加盟しています。

確かな技術と豊富な症例を共有しています。

大川カイロプラクティックグループ大川カイロプラクティックグループ Facebook

わたくしどもは原因を決めつけず、みなさまの声に耳を傾け、お体が発しているサインを読みとることに努めています。

検査や施術を通して、お体の不調の根本原因やその解消方法をわかりやすくご説明しながら施術を進めていきます。

 

疑問に思ったことや気になることがございましたらお気軽にご連絡下さい。
カウンセリングは無料です。

お問合せはこちらから

お問合せをこちらのフォームより承ります。
ご予約希望の方はご希望の日時がありましたら入力下さい。後ほどスタッフからご確認のご連絡をさせて頂きます。
ご予約はお時間のご確認後、予約成立となります。

メールフィルターをお使いの方は下記を受信可能にしてお送り下さいますよう、お願いいたします。

@musashikoyama-seitai.jp

当日の施術を御希望の場合は
電話03-3788-1616にご連絡下さい。

お問い合わせ・ご予約フォーム

ご予約お問合せその他のご連絡

お名前 (必須)

ふりがな(必須)

メールアドレス (必須)

電話番号
ご予約の方は入力必須です。ご連絡が取りやすい電話番号をご記入ください。

【お問い合わせ内容】 または【予約希望日時】

内容をご確認の上チェックを入れてください。

当院はご予約優先です。
土日・祝日と平日夜間は込み合いますので早めのご予約をお勧めいたします。
当日お電話の方は「ホームページを見て」とお伝えください。

 

慢性の肩こり・腰痛

慢性の腰痛と肩こり、きっかけ不明で腰痛悪化。
軽いぎっくり腰状態。

Zさん 主婦 27歳

カウンセリング時の状態

中学時代から慢性肩こり、1ヶ月ほど前から腰痛悪化。うつ伏せ・仰向けが辛く、起きるのも辛い。中学生時代からマッサージは受けていた。

初回検査

姿勢は極端に腰の反りが強い。前屈に比べ後屈が出来にくい。脚も背中も筋肉のハリが強い。学生時代に左足首の捻挫。骨盤左ねじれ有り。

初回施術

筋肉の緩和操作中心。右の肩甲骨周辺と臀部、ハムストリングスの強い張りを緩める。座り方の指導を実施。

2回目

前夜痛みのピークがありその後腰痛緩和。
太腿と背中の筋肉の緊張が強い。施術後立ち姿勢「背中を緩めるたち方」の指導。

3回目

普段の腰痛はひいた。
10分程度歩くと痛みがでる。

4回目

腰痛は解消。左腰にだるさを感じる。
太腿の緊張を緩和。腰の負担を減らす立ち姿勢の指導。

5回目

背中のはりが取れて楽になった。
肩頚に重点を移す。腰に優しいウォーキング指導。

6回目

歩いても腰痛やだるさが出なくなった。歩くのが早くなった。
施術後肩こり体操を指導。 その後 帰省や旅行の疲れをとりに来院。3週間に1回のペースでコンディショニング。

武蔵小山整体院担当より

いつも前向きで明るいZさん。大事なご家族のために、いつも段取りよく手際よく家事や手配をなさっている様子。慢性腰痛のまま我慢して頑張っていたが遂に限界を越えて軽いぎっくり腰を招いたと思われます。「将来のために身体をつねに整えていたい」という意欲がうかがえ、施術にも気合が入ります。
油断すると腰がねじれて反る癖があるのでしっかり骨盤調整と指導をしていきます。

(注)改善は、症状・年齢・生活環境などにより個人差がございます 。

施術のながれ

カルテのご記入

施術の流れ カルテ記入施術の流れ カルテ記入

お体に感じている痛み・痺れ・だるさ・違和感・ゆがみ……
カイロプラクティックに対する期待などをご記入いただきます。

カウンセリング

施術の流れ カウンセリング施術の流れ カウンセリング

お体のことで困っていること、悩んでいること、不安に感じていることなどを詳しくお伺いします。カイロプラクティック施術についてのご期待やご質問にもお答えしています。

姿勢評価・動作テスト

施術の流れ 姿勢評価・動作テスト施術の流れ 姿勢評価・動作テスト

お体の不調の原因のひとつである姿勢について座位・立位・歩行などを症状に応じて評価します。症状に関連の強い部位の関節の動きをテストし、根本原因の仮説をたて、より効果性の高い施術を組立てていきます。

施術Ⅰ

施術の流れ  施術Ⅰ施術の流れ  施術Ⅰ施術の流れ  施術Ⅰ

症状を引き起こしている原因となる筋肉の硬結(トリガーポイント)やその背景になるお体のアンバランスを解消していきます。緊張を緩め、血流を促進します。

施術Ⅱ

施術の流れ 施術Ⅱ施術の流れ 施術Ⅱ
背骨、骨盤を中心に骨格に動きをつけてゆがみの調整を図ります。神経のバランスを整え、自然な姿勢をとりやすくします。

(痛みはありません。矯正には機械を使用せずに丁寧に手を使って行います)

姿勢・体操・ウォーキングの指導

まずは自然な立ち方からはじめの一歩を大切に美しく快適な歩き方をコーチしていきます。

 

 

 

日常生活にある原因を解消するために、症状に適したエクササイズや健康生活のための指導を行います。いずれも1分間程度の簡単なものばかりです。

プランニング

肩こりしない鞄の持ち方や抱っこのしかた体幹の安定もちょっとしたコツでできます

お体の状況、生活習慣、控えているイベントを踏まえて緩和・改善に必要な期間や施術回数、メンテナンスの目安などをご説明します。

 

 

わたくしどもは十分なカウンセリングをはじめ、ご来院されるみなさまとの対話を重視しています。
みなさんの症状と不安を理解することに努めています。
正しい知識と快適な施術で安心して症状緩和のためにベストを尽くしています。
健やかで豊かな快適な日常生活ができるようにおひとりおひとりに適した健康指導に力をいれています。

部分的なマッサージや
表面的な施術、慰安目的ではありません。

カウンセリングと動作評価の内容によっては施術をお断りし、専門医をご紹介もしくは受診をお勧めする場合があります。

保険の適用はございません。
わたくしどもはカイロプラクティックの専門院です。

保険の適用ができない慢性症状の緩和や、検査では異常が認められない辛い症状の緩和、再発予防・発症予防のメンテナンス施術を提供しています。
原因が交通事故などの場合、加入されている保険の契約内容がカイロプラクティックを対象としているものであるか確認の上で、ご予約ください。

症状緩和や骨格矯正に機械をたよっていません。

丁寧に手をつかった施術にこだわっています。
(血流促進のためメドマ―を使用する場合があります。)

当院の施術者は大川カイロプラクティック専門学院で大川泰DCの直接指導を受けたプロの施術者です。

大川カイロプラクティック専門学院
大川カイロプラクティック専門学院

当院は首都圏で32院を展開する大川カイロプラクティックグループに加盟しています。

確かな技術と豊富な症例を共有しています。

大川カイロプラクティックグループ大川カイロプラクティックグループ Facebook

わたくしどもは原因を決めつけず、みなさまの声に耳を傾け、お体が発しているサインを読みとることに努めています。

検査や施術を通して、お体の不調の根本原因やその解消方法をわかりやすくご説明しながら施術を進めていきます。

 

疑問に思ったことや気になることがございましたらお気軽にご連絡下さい。
カウンセリングは無料です。

お問合せはこちらから

お問合せをこちらのフォームより承ります。
ご予約希望の方はご希望の日時がありましたら入力下さい。後ほどスタッフからご確認のご連絡をさせて頂きます。
ご予約はお時間のご確認後、予約成立となります。

メールフィルターをお使いの方は下記を受信可能にしてお送り下さいますよう、お願いいたします。

@musashikoyama-seitai.jp

当日の施術を御希望の場合は
電話03-3788-1616にご連絡下さい。

お問い合わせ・ご予約フォーム

ご予約お問合せその他のご連絡

お名前 (必須)

ふりがな(必須)

メールアドレス (必須)

電話番号
ご予約の方は入力必須です。ご連絡が取りやすい電話番号をご記入ください。

【お問い合わせ内容】 または【予約希望日時】

内容をご確認の上チェックを入れてください。

当院はご予約優先です。
土日・祝日と平日夜間は込み合いますので早めのご予約をお勧めいたします。
当日お電話の方は「ホームページを見て」とお伝えください。

 

腰痛と 右足のしびれ

慢性的な腰痛があり、座っているのがもっとも辛く、
うつぶせでなくては寝られない!

Sさん 会社員・主婦 47歳

カウンセリング時の状態

3年程前から腰痛が慢性的になっていた。座っているのがもっとも辛く、うつぶせでなくては寝られない。右のお尻の奥深くから足先まで常に鈍い痛みがある。以前4ヶ月間はほぼ毎週、他の整体に通っていた。温泉にも良く行くが・・・。

初回検査

腰を右にねじる動作、後ろへ反らす動作の時に右側の腰に痛みが発生。足の痺れの起きている箇所から腰椎~仙骨間の変性であることを推定。右下肢を中心に全身の筋肉の張りが強い。骨盤が前傾。脚を組む・横座りの習慣あり。

初回施術

右半身を中心に全身の筋肉を緩める施術を十分に行ったのち、腰椎の動きを良くする手技を行う。腰椎~仙骨の動きを良くする“1分間エクササイズ”を指導。施術前検査と同じ動作をしても腰の痛みは出ない。脚の痺れは軽減。生活指導を実施。

2回目

朝食の支度時に左下肢に痛みを感じたが数分で消失。
腰痛は軽減傾向。

3回目

前夜、背中が痛くなった。入浴後ソファでうたた寝をしていた。
背中の張りを取る施術と生活指導〔姿勢と痛み〕を徹底。

4回目

「腰痛と痺れがもどってきた」
庭の手入れの姿勢の影響か?

5回目

「楽になった」と感想をいただく。

6回目

施術とともに〔慢性的な腰の疼きと姿勢〕の関係について理解を促す。

7回目

姿勢を強化する“かんたんエクササイズ“を実施。

8回目

「右足先に痺れ」 仕事の疲労の影響か?
施術後消失。

9回目

「痛みがとれ、腰・尻に手を当てることがほとんど無くなった」

その後

メンテナンスのため週に1度のペースで来院。
疲労が重なると腰がだるいことはあるが以前のような辛さは無く、腰痛ベルトが不要になった。

武蔵小山整体院「担当より」

Sさんのケースは整体を長く受けるだけでは症状が緩和されるものではなく、自分の身体の状態について正しく理解し日常生活の中で自分の身体を守り活かす「姿勢=からだの使いかた」を身につけることが大切であると伝えてくれている好例だと思います。

Sさんはプレイングマネージャーとして、主婦として毎日活躍されています。
「体調を整え気持ちに余裕を作り大好きな山歩きを始めたい」と笑顔と意欲がもどってきたのが私の喜びです。

(注)改善は、症状・年齢・生活環境などにより個人差がございます 。